ポケカ初心者のカード研究No.18 ビートダウンガオガエン構築

デッキ

アローラ!今回はダークオーダー収録のガオガエンGXについてです。

まずはガオガエンさん。

ガオガエンGXの強み

・特性のエネルギー加速がとても強力

・進化→特性発動→攻撃開始とかなりテンポよく戦える

・技の効果で特殊エネルギーをトラッシュできる点も魅力

・ダメカンの数でバーストダメージも出せるのでワンパンできる範囲が広い

・HPも250と高め

ガオガエンGXの弱み

・闘弱点なので流行りのマッシブーンに狩られてしまうところ

・3エネルギーで130ダメージは強力とは言えない

・2進化ポケモンなので進化させるのが割と大変

・ゾロアークGXをメタって入れているカードについでに狩られてしまうところ

 

ガオガエンGXと相性の良いカード

アクジキングGX、クチナシ

メジャーなコンボの一つです。

エネルギー加速したガオガエンGXとアクジキングGXをクチナシで入れ替えて使うというものです。

ガオガエンGXで削っておいて次のターングラトニーGXで倒して2枚多くサイドをとるという動き。

すでにGX技を使ってしまっていてもタイラントホールで180ダメージ出せるので火力を底上げする動き。

100ダメージで倒されてしまうポケモン(特にGXポケモン)を展開しているときはGX技のコンボには気を付ける必要があるのでトラッシュを確認させてもらいましょう。

逆転の一手になるコンボなので使いこなしたいところです。

フーパGX

悪タイプの潤滑剤として優秀です。

悪エネルギー3個で160ダメージと十分な火力と悪エネルギー1個で2枚好きなカードをサーチできる器用なヤツです。

後攻初手でローグリングを使えると次のターンほぼ確実にガオガエンGXを出せるのでテンポよく展開していけます。

GX技に関してはわざわざ使用する必要はない性能だと思います。

ブラックマーケットプリズムスター

悪タイプ大歓喜のスタジアム

速い展開力とガオガエンGXを使った殴り合いを想定しているので取られるサイドの枚数が減るのはとても強い。

悪タイプでデッキを組むとしたら入れない理由はないでしょう。

上書きできるスタジアムを相手が持っていないと詰みに近いと思います。

ねがいのバトン

エネルギー加速して殴りあうのできぜつしたときの保険にもっておくと強い。

ガオガエンGX自体は自分でエネルギー加速できるのでそれとは別にねがいのバトンでのエネルギー供給先を入れておくのもアリ。

バンギラス

エネルギー供給先の候補。

僕がガオガエンGXデッキを使っていた時はこれを入れていました。

ガオガエンGXが倒された時にねがいのバトンでエネルギーを渡せば重いエネルギー量もなんとかなります。

非GXなので負け筋にもなりにくくGXポケモン相手には高火力を出せるので強い。

ただ2進化ポケモンということで展開が遅れることも多々あります。

総評

書いているととても強そうなのですが意外と回りません。

早い段階でフーパGXの技を使えればかなり有利に展開していけますがそうでないと引きにかなり左右されてしまいます。

進化前のポケモンたちはとてもひ弱なのでとにかくさっさと進化させることが重要です。

多少の展開の遅れはアクジキングGXのグラトニーGXで取り返せることも多いので粘り強く戦っていきたいところ。

序盤は加速したガオガエンGXで殴り合いを展開していきサイドの状況や相手の使用ポケモンを考えつつアクジキングGXかバンギラスどちらで詰めていくか決めていきましょう。

アクジキングGXとクチナシのコンボは決まるとめちゃくちゃ気持ちいいので使ってみるといいと思います。

ビートダウンの語源は”殴り倒す”

 


スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました