ポケカ初心者のカード研究No.23 ヌケニンスピアー構築とその弱点

デッキ

アローラ!今回はヌケニンとスピアーを組み合わせた構築を考えてみました。

デッキのコンセプトはみちづればりで相手にサイドを取られたくない!です

これがそのデッキです。

やりたいことやるために全部詰め込んだ感じは否めません!

スピアーにヌケニンを装備させてみちづればりを使いたいというロマン全振りのデッキなのです。

GXポケモンやタッグチームポケモンを採用しているデッキにはサイドレースで優位に立つことができるのが強みです。

入れ替え候補

メガニウム

スピアーの準備を楽にするためのカード

最初はメガニウムを軸にデッキを組もうかと思ったのですが手元に1枚もなかったので諦めました。

特性でふしぎなアメみたいな効果を持つのでスピアーに進化させる手段を増やしてくれます。

入れ替えるならメガニウムを軸にするので色々変わってくるところはあると思います。

このデッキの運用

まずはたねポケモンを並べていかないと話になりませんのでガンガン並べていきます。

ひ弱なたねポケモンが多いので多少の被害は仕方ないと考えつつ進化の準備を整えていきます。

進化さえできたらヌケニンを装備しレインボーエネルギーを貼って相手のGXポケモンにみちづればりを使用していきます。

これを繰り返すと勝てます。

とにかくレインボーエネルギーを持ってこないときついのでエネくじを採用しています。

ふしぎなアメやエネくじなど持ってきたいカードはトレーナーズに多いのでマサキの解析で準備を早めていきたい。

ポータウンはレインボーエネルギーがないときに無理やりスピアーにダメカンを乗せるための苦肉の策として運用します。

後述しますが非GX相手だとレインボーエネルギーの都合上みちづればりの回数に限りがあるのでワンチャンかけるための動きとしてのポータウンです。

致命的な弱点

基本戦略としてレインボーエネルギーを貼ったスピアーにサイドを取りに行ってもらうのが軸にあります。

ポケカにはトラッシュから特殊エネルギーを回収する手段がほとんどないのでみちづればりをすぐ撃てるのは4回ということになるので勝つために4回以上みちづればりを使用しなければならなくなると途端に勝ち筋が少なくなってしまいます。ジラーチサンダー相手だとその影響はとても大きくアサルトサンダーでほとんどのポケモンが狩られてしまう上にみちづればりでサイドが1枚しか取れないためとても厳しいです。

ジラーチサンダーだけでなく非GXポケモンで組まれたデッキは総じて相性が悪いためタッグチームポケモンなどが環境に躍り出てくればワンチャンありそうといったレベルのデッキでしかありません。

環境トップのデッキをメタれていないので趣味デッキの域を出ることができないですね。

総評

回った時はGXポケモンと相討ちしまくれるのでとても気持ちいいデッキです。

本当にジラーチサンダー相手は厳しく何度も蹂躪されました。

ジャイアントキリングできるのは楽しいんですがアタッカーがスピアーだけなのは回していてきつかった印象を受けました。

かといって他に相性が良さそうなカードも思い付かなかったので無理やりスピアーにメインアタッカーをやらせちゃいました。

強いか弱いかでいうと確実弱い部類に入るデッキです。

使用後の感想としてはスピアーはメインアタッカーに据えるよりジョーカー的な存在としてデッキに入れた方がより効果的だと思いました。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 


スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました