大航海ユートピア 探険ポイント回復料理のコスパ1位はどれか?(2019/1/11追記)

大航海ユートピア

アローラ!今日は探険大好き勢にはお馴染みのポイント回復用料理についてです。

まず探検ポイント回復料理は蜂蜜ケーキ、S,肉団子、トルコ焼肉の3種類があります。以下の画像の線で囲ってあるものが該当します。

現品を買う場合のコスパ(相場は2019/1/09のもの)

蜂蜜ケーキ S、肉団子 トルコ焼肉
単価 450 1461 2700
回復量 3 9 18
1ptあたりの金貨 150 162.3 150

ケーキとトルコ焼肉のコスパは同じですね。しかし、焼肉に関してはもう少し安く売っている時もあるのでその時を狙えば若干コスパは良くなりますね。

コスパ同じでも蜂蜜ケーキ連打するの面倒だから僕は基本的にトルコ焼肉を買っています。

自分で生産する場合のコスパ

1日に使うことが出来る行動力はその日にクリアしたミッションの活躍度で決まります。(バッコスの酒を使えばもっと増えますが今回は除く)

時限デイリーを除くと1日に獲得できる活躍度は127でこれの5倍すなわち635が1日に使用可能な行動力です。

しかし、料理を作成するときにネックになるのが失敗する可能性があることです。

甘く見積もっても3割は失敗する様な気がします。

とりあえず成功率100%の場合における各料理のスタッツは下の表にまとめました!

蜂蜜ケーキ S、肉団子 トルコ焼肉
行動力 40 104 155
回復量 3 9 18
1ptあたりの行動力 13.3 11.5 8.6
1日に作れる回数 15 6 4
1日の総回復量 45 54 72

100%成功を前提にすると料理のランクが上がるほど行動力効率は上がっていきます。

ですが、ランクが上がるにつれてもちろん行動力の消費も大きくなるため1回の失敗が及ぼす影響も大きくなります。なので、1日に作れる回数が少ない料理はその分失敗時のダメージがより大きいのです。

失敗がランダムで起きる以上運の要素が絡んでくるので絶対にこれがオススメとは言えませんが、生産においてトルコ焼肉が一番コスパがいいのは間違いないと思います。

0/4とかそういった悲しい確率を引き続けなければの話ですがね・・・。

ここから追記(2019/1/11)

フォロワーの方から教えてもらったことがあるのでここに書いておきたいと思います。

コスパを計算するにあたって僕が見落としていたのは料理生産における材料調達の手間についてです。トルコ焼肉はタマネギと牛肉の2種類の材料が必要でそれを集めるのがかなり面倒なのです。

この2つを売っている場所が離れているためそもそもの航海に時間がかかること、そして素材を積んで移動しないといけないのでワープも使えないのがより痛いです。

なのでこの手間を考えると蜂蜜ケーキの方が総合的には優秀といえるようです!

あとは小ネタなんですが発掘をしているときにトラップで探検ポイントを消費してしまうときがあります。

これを最低限に抑える方法があります。その手順は以下の通りです。

1.探検ポイントが0になるまで発掘をする。

2.発掘するたびに蜂蜜ケーキを使って少しづつ回復していく。

こうすることで1度の発掘で探検ポイントが0になる回数が増えるのでトラップによる探検ポイントの消費の確率が減って無駄な消費を抑えることが出来ます

基本的に0になったら帰るか、欲しいものが出るまで回復を連打してから発掘をしていたのでこれを聞いたとき僕は目から鱗でしたね。

追記ここまで

総評

探険やってるとき特に穴掘りと書籍の情報収集でハマるとかなりの探検ポイントを持っていかれるので回復手段は大事です。

蜂蜜ケーキは国家任務とか商会クエストなどで作るのがメンドイ人などが買っていくのでダメな料理ではないんですよね。

低料理Lvの方が成功率が高いのかどうかすらわかりませんが僕がこれから生産していく際に一応失敗回数の記録もつけていこうと思います。

ある程度試行回数が貯まったらサンチョを雇ってどれほど成功率に影響を及ぼすかもやってみようと思います。

ここまで読んで下さりありがとうございました。

 

 


スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました